2017年03月08日

第3回はだのブランド体験バスツアー


3月4日に第3回はだのブランド体験バスツアーを実施しました。



今回も市内外からたくさんの応募をいただきましたので、
抽選で22名の方に参加していただきました。



渋沢駅を出発してまず向かったのが、菩提にある「高梨茶園」さん。



菩提でお茶栽培が始まった頃のことや、
現在は約9,000坪の茶畑で10種類の品種を栽培されていることなどについて
話していただきました。
_DSC02129.jpg

茶畑で皆さんが見ているのは
_DSC02127-1.jpg

お茶の新芽です。もう新芽が出ているのですね。
_DSC02132-1.jpg


次に、お茶の見分け方に挑戦しました。

3種類のお茶を見分けます。
_DSC02146-1.jpg
はだのブランド認証品の高級煎茶はどれでしょうか。


_DSC02139-1.jpg

見分け方のポイントは・・・。

茶葉の色や艶、手触り、味などです。



正解を発表する高梨さん。
_DSC02141.jpg
参加者の方は緊張の表情ですが・・・・みなさん正解でした。ぴかぴか(新しい)

高級煎茶は見た目にも茶葉に艶があり、味もまろやかでした。



次に向かったのが
「石庄丹沢そば茶屋本舗」さん。
_DSC02147.jpg

「さくらそば」の製造を見学させていただきました。
_DSC02151-1.jpg
製造された生麺を1日乾燥させて乾麺にするそうです。


昼食の「あしながきのこそば」ができるまでに、
テーブルごとに「そばがき」を作っていただきました。
_DSC02152-1.jpg
そば粉に同量の熱いそば湯を注ぎ、手早くかき混ぜると、
あっという間に「そばがき」の出来上がり。
そばの風味が楽しめる一品でした。


 


昼食後は、創業100年余りの「かまか商店」さんへ。

落花生を加工する年代物のの機械がありました。
_DSC02159-1.jpg
こちらは落花生を炒る機械です。


次に、かまか商店さんでも人気の「さくら豆」の製造を見せていただきました。
_DSC02163-1.jpg
砂糖を煮詰めたところに、落花生と八重桜の塩漬けを入れて、
手早くかき混ぜます。
_DSC02164.jpg
この釜では約10キロの落花生を使用していますが、
参加者の方には小さい鍋で体験していただきました。

 
_DSC02165-1.jpg
色を着けた砂糖水がプクプク煮詰まってくるのを待ちます。

_DSC02168.jpg
煮詰まってきたら、落花生と八重桜を加え、ほぐしながら混ぜます。

なかなか力のいる作業で、体験されたお子さんは
「腕が痛くなっちゃった〜」と言う程でした。



最後は、堀川公民館で佐藤建具工房さんによる
組子細工コースターの体験教室です。

_DSC02174-1.jpg

みなさん真剣な表情で製作されています。
_DSC02175-1.jpg
_DSC02178-1.jpg
_DSC02181-1.jpg

そして完成したのが、こちら
DSC02182-1.jpg
組子細工「麻の葉」模様のコースターです。

素敵ですねぴかぴか(新しい)




最後に皆さんで記念撮影。カメラ
_DSC02186-1.jpg

 

参加された方からは、


「地元の方の熱意が伝わってきました。」

「市内に住んでいながら知らない事があり、もっと知りたいと思いました。」

「また参加したい。」

などのうれしいコメントをいただきました。

事務局としても
このツアーが、はだのブランドや、
秦野市の魅力について知っていただくきっかけになったようで嬉しく思います。


ご参加ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
はだのブランドのホームページはこちら→http://hadano-brand.jp
posted by hadano-brand at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179003304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック