2011年11月30日

秦野の素敵な☆☆

さて、この模様は何の模様でしょうか?

DSC09177-1.jpg

実は、この模様、秦野木綿という秦野で昔織られていた織物の模様なんです!

秦野木綿は、明治後期から昭和30年代まで秦野で織られていたものなんですよ。
現在、秦野で織っているところがない、というのが残念ですねバッド(下向き矢印)


今日は、秦野木綿について調べに行ってきました。

はだのこども館の中に市史資料室というのがあり、そこで
秦野木綿の現物を見せていただきました。目

全部で21種類の柄exclamation

秦野木綿の特徴は、「藍染の色と香りと質の上部なところ」だそうです。

綿糸と天然藍草と発酵させた藍瓶の中で原糸を染めてから織ったものだそうです。


いろんな柄がありましたので、一部をご紹介します。

DSC09181-1.jpg

DSC09198-1.jpg

DSC09187-1.jpg

縞模様が多い中、こんな模様もありましたよ。

DSC09204-1.jpg

こんな、素敵な織物が秦野にあったんですね。ぴかぴか(新しい)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
はだのブランドのホームページはこちら→http://hadano-brand.jp
posted by hadano-brand at 14:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
素晴らしいですね。
Posted by 古木勝久 at 2011年12月20日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51175483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック